世界の飢餓1.1億人

18年、地球温暖化も要因

©一般社団法人共同通信社

校庭で給食を食べる子どもたち=モザンビーク・マプト州(日本ユニセフ協会提供)

 【ジュネーブ共同】国連機関の世界食糧計画(WFP)などは2日、2018年にアフリカやアジアなど53カ国・地域の約1億1300万人が紛争や干ばつなどによる食料不足で飢餓状態に陥ったとする報告書を発表した。17年の約1億2400万人よりやや減少したが、3年連続で1億人を超え「自然災害をもたらす地球温暖化も大きな要因になっている」と指摘した。

 WFPのビーズリー事務局長は「飢餓を終わらせるためには、国際社会が紛争や気候変動など根本的な原因と闘わなければならない」と強調した。

 報告書によると、食料不足に陥る原因としては内戦や紛争が最も多かった。