ハリルホジッチ、PSGを痛烈批判も…トゥヘル監督は「超塩対応」

©株式会社コリー

昨年4月に日本代表監督を解任されたヴァヒド・ハリルホジッチ氏。同年10月からはナントを指揮している。

そのナントはクプ・ドゥ・フランス準決勝でPSGと対戦する。ハリルホジッチ氏にとってパリは現役時代にプレーしたほか、監督も務めたことがある古巣だ。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

【関連記事】ハリル解任で、ビートたけしも「被害者」に…本人が裏話を明かす

ただ、愛する古巣がショッキングな敗退を喫したCLでのマンチェスター・ユナイテッド戦については一言あるようだ。『Le Parisien』のインタビューで、こんな批判を展開していた。

ヴァヒド・ハリルホジッチ(ナント監督)

「(あの敗退に驚きましたか?)

PSGは欧州最高のスカッドを持っている。ほぼ世界最高のチームだ。

最低でも(CL)決勝に行けるだろうと私は確信していた。優勝できるだろうとさえ。

だが、理解できないことがあった。試合前のチームの行動だ。

試合2時間前に選手たちが個別でスタジアムへやってくるということをどうして受け入れられる?彼らを喜ばせるためか?

マンチェスター戦前のパリの準備は重大なミスだ。

それはビッグクラブに値しない、アマチュアだ。理解できない(3度も発言を繰り返す)。

パリでは渋滞や交通事故の可能性がある。

『子供のように行動したせいで、結果を得られなかった』というレッスンになった」

ただ、この件について聞かれたPSGのトーマス・トゥヘル監督の答えは素っ気ないものだった。

トーマス・トゥヘル(PSG監督)

「ハリルホジッチ氏の意見に答えるために、自分の集中やエネルギーを失うことはできない」

現地では、とてもドライな返答だったと伝えられている。日本時間4日に行われる対戦は注目だ。