明るさがアップ、LED照明好評

シーズン終えた室蘭・中島リンク

©株式会社室蘭民報社

明るい照明で開放された今季のリンク

 3月で今季の営業を終えた室蘭市の中島スポーツセンターのスケートリンク。昨シーズンの倍以上の明るさが確保されたLED照明が好評だった。

 リンクの照明数は54灯。昨シーズンまでの水銀灯の明るさは最大で350ルクスだったが、ほとんど〝間引き〟して利用されていた。

 今季から更新されているLED(調光式)は最大で約1000ルクス。一般滑走、フィギュアは最大の30%、アイスホッケーの室蘭リーグで60%。Jアイスノースなどの公式戦は70%まで上がり、いずれも昨シーズンの最大以上の明るさだった。電気代も「昨年の半分以下になる」(関係者)という。

アイスホッケーの愛好者は「昨年とは比較にならない明るさ。パックが見やすかった」と高評価。カーリング、フィギュアスケートの関係者も「ハウスが見やすくなった」(カーリング)、「明るい方が雰囲気がいい」(フィギュア)と話している。
(高橋昭博)