『ロンハー』深夜移動直後に炎上! パンサー尾形のモラハラに批判続出

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

パンサー 尾形貴弘 

(C)まいじつ

『ロンドンハーツ』(テレビ朝日)が4月2日、深夜帯に時間を移して放送されたが、いきなり〝炎上〟に見舞われた。お笑いトリオ『パンサー』の尾形貴弘にドッキリを仕掛けたが、終始、尾形は妻にアプローチする男性へ嫉妬心を燃やし続け、妻にもささいなことで「離婚だ」とすごむ展開が続いた。視聴者は「完全にモラハラ」「DVの兆候がある」などと尾形を批判している。

結婚前に緒方はドッキリに引っ掛かって浮気するなど、番組でもたびたび醜態を露呈していたが、2017年に結婚、18年には女児をもうけるなど家庭は順調な様子。ただ、尾形は妻を愛するがあまり、嫉妬深いと有名なようだ。

この日は尾形の妻が街中でナンパ師からナンパを仕掛けられるという「ドッキリ」を敢行。尾形の妻もナンパ師もドッキリの仕掛け人で、番組側は妻にナンパに乗るよう指示。妻が誘いに応じる姿を尾形に見せ、尾形のリアクションを確かめる企画だった。妻がナンパ師と会話を交わしている姿を見ると、尾形は「とんでもねえ妻をもらってしまった」と激怒。スタッフがなだめる展開となった。

 

「笑いにしていい内容とは思えない」と批判

番組は尾形の自宅にも隠しカメラを仕掛け、尾形の日常の〝嫉妬深さ〟も検証。妻が格闘家・武尊関連の写真集、雑誌を持っていることを知ると「これが本当なら離婚だ」と切り出すなど激怒。「(嫉妬深いのは)愛してるからだ」「お前がこうやって食えてるのも俺が働いてきてるからだ」などと、子供がいる前で妻を罵倒し続けた。

放送後、視聴者は尾形を批判するコメントを寄せた。

《愛による束縛なんかじゃないよ。あれは、ただの支配だよ》
《尾形は行き過ぎかな。こんなの息もできない》
《完全にモラハラ。笑いにしていい内容とは思えない》
《こんなやつ離婚しろほんまに》

同時に、深夜枠に移動した同番組のクオリティーを疑う声も。

《昨日のロンハーはつらくて見てられない人もいただろうな。フラッシュバック予防に冒頭に注意書きあった方が良かった》
《ロンハーも何かつまらんくなったなー。もう潮時か》
《深夜に戻ってこんなもんか。どうせなら児相やDV相談所にもっていって訴えるとこまでやっみたら面白いのに》

などと、番組サイドも批判の対象となっている。

深夜に戻ってやりたい放題できると思いきや、視聴者の目は厳しいようだ。