ファストリが初任給2割上げ

20年春、優秀な人材確保へ

©一般社団法人共同通信社

 カジュアル衣料品店「ユニクロ」などを運営するファーストリテイリングは3日、2020年春に入社する新入社員の初任給を2割引き上げ、25万5千円とする方針を明らかにした。人材の獲得競争が激化する中、国際的な展開を見据え、優秀な若手を確保する狙い。

 対象となるのは、20年春に入社する大卒や院卒の新入社員のうち、国内外の転勤がある職種で、現在の21万円から4万5千円引き上げる。初任給は総合商社や外資系企業と同水準となるという。

 20年春には約650人を採用する予定で、そのうち国内外の転勤がある職種は数百人を見込んでいる。