精悍な専用装備採用の限定車『ジープ・グランドチェロキー・アルティテュード』登場

©株式会社サンズ

 最新世代のJL型にモデルチェンジした『ラングラー』と並ぶフラッグシップSUV『ジープ・グランドチェロキー』に、ブラックのアクセントカラーを用いた数々の専用装備により内外装を個性的に演出し、エアサスペンションやレザーシートなど上級グレード譲りの機能装備を特別採用した限定車『Grand Cherokee Altitude(アルティテュード)』が登場。4月13日より発売が開始される。

 モダンSUVの最高峰として人気を誇るグランドチェロキーのうち、今回の限定車はエントリーグレードの“Laredo(ラレード)”をベースに、精悍さを演出するエクステリアパーツや上級グレード譲りの豪華装備を採用。

 エクステリアではボディ同色バンパー/サイドシルのほか、ブラックグリル、ブラックベルトモール、ブラックルーフモールディング、グロスブラック仕上げの20インチアルミホイールなど、ブラックのアクセントカラーを用いた専用装備により、スタイリッシュさが強調された特別な装いとなっている。

 またボディカラーにも高性能モデル“SRT8”の専用色であるヴェルヴェットレッドP/Cのほか、ダイアモンドブラッククリスタルP/C、ブライトホワイトC/C、グラナイトクリスタルメタリックC/Cの計4色を設定。

 インテリアについては滑らかな触感のスエードとレザーを組み合わせたブラックスエード/レザーシートやフロントシートヒーターを特別装備し、上質で快適な空間に仕立てられている。

 さらにグランドチェロキー・アルティテュードは、通常は上級モデルの専用装備であるエアサスペンション“クォドラリフト”を備え、高級感と同時に快適性も高められた。

 パワートレインには3.6リッターのおなじみ“ペンタスター”V型6気筒DOHCエンジンを搭載。さらにスムーズかつ速やかにシフトする8速オートマチックトランスミッションと、実績充分の4×4システム、セレクテレイン、クォドラトラックII 4×4など万全の機能性を備えつつ、ベースモデルより約40万円の価格アップに抑えた529万円となっている。

高性能モデル”SRT8″の専用色であるヴェルヴェットレッドP/Cのほか、計4色を設定
滑らかな触感のスエードとレザーを組み合わせたブラックスエード/レザーシートやフロントシートヒーターを特別装備

公式サイト:https://www.jeep-japan.com/special_models/altitude.html