ハーパーが古巣相手に本塁打含む3安打3打点の大活躍

©MLB Advanced Media, LP.

【フィリーズ8-2ナショナルズ】@ナショナルズ・パーク

ナショナルズからフリーエージェントとなり、フィリーズと超大型契約を結んだブライス・ハーパーが、移籍後初めてナショナルズ・パークでの公式戦に出場。ナショナルズのファンは昨季まで大歓声を送っていたスーパースターを大ブーイングで迎えた。ナショナルズ先発のマックス・シャーザーの前に、最初の2打席はいずれも空振り三振に倒れたハーパーだが、5回表の第3打席で二塁打を放つと、6回表には3番手のマット・グレイスからレフトへのタイムリー。そして8回表には5番手のジェレミー・ヘリクソンから文句なしの3号2ランを放ち、3安打3打点の大活躍でチームの開幕4連勝に大きく貢献した。

先発のザック・エフリンが5回3安打9奪三振無失点の快投を見せたフィリーズは、2回表にマイケル・フランコの3号ソロで先制。4回表にはパスボールの間に1点を追加した。5回限りでシャーザーが降板すると、その後はナショナルズ救援陣を攻め立て、6回表にジーン・セグーラの3点タイムリー二塁打とハーパーのタイムリーで4得点。4点リードで迎えた8回表にはハーパーの3号2ランでダメ押しした。ナショナルズは先発のシャーザーが5回7安打9奪三振2失点(自責点1)と力投したものの、打線が機能せず。6回裏にアンソニー・レンドンの1号2ランで2点を返すのが精一杯だった。