容疑者引き渡し条例改正へ、香港

民主派は審議に反発

©一般社団法人共同通信社

香港立法会前で「逃亡犯条例」改正への反対デモを行う民主派議員ら=3日(共同)

 【香港共同】香港立法会(議会)で3日、犯罪容疑者引き渡しについて定めた「逃亡犯条例」の改正案の審議が始まった。改正されれば、香港当局が拘束した容疑者の中国本土への引き渡しが可能になる。立法会は親中派が多数を占めており、香港政府は7月の休会前の可決を目指している。

 香港政府は「政治犯は対象外」としているが、民主派は中国当局が刑事事件をでっち上げ、共産党に批判的な活動家や記者らの引き渡しを迫る恐れがあると反発。民主派議員らは3日、審議開始を前に立法会周辺で反対デモを行った。