細川たかしの“汚ない食べ方”にドン引き! 天ぷらを「ジュルジュル」…

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

細川たかし

(C)まいじつ

大物演歌歌手・細川たかしが、年齢に見合わない〝恥ずかしい〟作法を披露してしまった。

4月1日、細川はTBS系で放送されている健康バラエティ『名医のTHE太鼓判!』に出演。この日のサブタイトルは『油大研究! いい油を使い分けて健康になろうSP』で、番組冒頭の細川は、司会の『アンジャッシュ』渡部建から「脂っこいものは敬遠しがちですか?」との質問を投げかけられた。

細川が「(敬遠なんて)考えたことない」「めいっぱい食べてますね」と答えると、ここで食生活に密着したVTRが流されることに。密着初日、細川はいきなり高級天ぷら店を訪れる期待通りの動きを見せ、大好きだという海老の天ぷらを計15本も堪能していった。

 

サクサクの天ぷらを“ジュルジュル”と音を立てて堪能

細川はよほど海老天好きのようで、カウンター越しに提供されるとテンポよくパクリ。しかし、板前が揚げる質の高い天ぷらにもかかわらず、なぜか「サクッ」ではなくジュルジュルと音を立てながらこれを食らっていく。

さらに、「まだ6割」と言う細川は焼肉屋へハシゴに行き、カルビやキムチなどを次々と注文。ここでもテンポよく焼いては食べてを繰り返していたが、食べるスピードが早いためかまたもネチャネチャと異様な音を立てていた。

ネット上には

《いくらお金があっても海老天ぷらの食べ方汚い》
《細川たかしの天ぷらの食べ方、、、生理的に無理》
《クチャクチャクチャクチャクチャクチャクチャクチャ…》
《音出しすぎだろwww》
《入れ歯でもしてるのか?》
《古い世代なのに食事作法とかフリーなんだな》
《昔の人ほど厳格にしつけられるイメージだったのに》

といった反応が。高級で美味しそうな料理に対し、食べ方には厳しい声が集まっている。

豪快で男らしい食べ方は大御所ならではといえるが、若い世代には受け容れられなかった?