養殖のアサリとトリガイから規制値超える貝毒 姫路の沿岸、出荷禁止に

©株式会社神戸新聞社

 兵庫県は3日、姫路市の沿岸で養殖されるアサリとトリガイから規制値を超えるまひ性貝毒を検出し、出荷を禁止したと発表した。

 県によると、該当する養殖業者は事前に出荷を自粛し、汚染した貝は流通していない。県内の瀬戸内では今季、既に規制値を超す貝毒が検出されており、県は同海域の全海岸でアサリなど二枚貝を採ることを禁じている。