新宿・歌舞伎町を火災から守れ

東京消防庁が査察隊新設

©一般社団法人共同通信社

歌舞伎町のビルの立ち入り検査に向かう新宿消防署の機動査察隊員=3日夕、東京都新宿区

 2020年東京五輪・パラリンピックの開催に向け、東京消防庁は3日、全国有数の繁華街である新宿・歌舞伎町の防火対策を強化するため、新宿消防署に「機動査察隊」を新設し、隊員らが飲食店の入るビルを抜き打ちでチェックして回った。

 機動査察隊は、24時間体制で活動。夜間や休日にも建物への立ち入り検査を行う。隊員は7人で、主に3交代制で勤務する。

 新宿消防署で発隊式が開かれ、安藤俊雄消防総監は01年に歌舞伎町で44人が死亡するビル火災が起きたことに触れ、「繁華街の特性に合わせた防火査察を強力に推進する」とあいさつした。