西武が開幕3連敗から2連勝 「大きかった」辻監督は5回の中村の適時打を称賛

©株式会社Creative2

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

2点差に詰め寄られた5回2死満塁で中村が走者一掃のタイムリー

■西武 9-3 ロッテ(3日・メットライフ)

 西武は3日、本拠地メットライフドームでのロッテ戦で本拠地2連勝を飾った。先発野手全員安打を記録し、12安打9得点と打線が爆発。ロッテ投手陣を沈めた。投げては、武隈が5年ぶりの先発で5回3失点と試合を作り、その後は無失点リレーで試合を締めた。

 開幕から8番に座っている中村が2安打4打点。3回に先発の武隈が3ランを浴び2点差に詰め寄られたが、5回2死満塁で右中間へ走者一掃のタイムリーを放った。辻監督も、この3点を「一番欲しかった。大きかったね」と。この日のポイントにあげた。

 破壊力抜群の西武打線は打撃だけではない。昨季12球団トップの132盗塁を記録した機動力も健在だ。2回には9番木村、1番金子侑、2番源田が立て続けに盗塁を決め、足でも相手バッテリーを揺さぶった。辻監督は「走れるスペシャリストだね」と絶賛。自慢の打撃とスピードで、白星を積み重ねていく。(安藤かなみ / Kanami Ando)