男性遺体、ほとんど水が流れていない川に 頭を下流に向けて倒れる 通行人の女性が発見/本庄

©株式会社埼玉新聞社

児玉署=本庄市児玉町児玉

 2日午後2時55分ごろ、埼玉県本庄市児玉町小平のほとんど水が流れていない根岸川で、男性があおむけで倒れているのを通行人の女性が発見、110番した。

 児玉署によると、男性は既に死亡していた。川幅は約2.9メートル。発見時、男性は川の岸の辺りで頭部を下流に向けた状態で倒れていた。目立った外傷はなかったという。男性は70~80代ぐらいで身長165センチほど。紺色のジャンパーに黒色のベスト、灰色のシャツにベージュ色のズボン、黒色のサンダルを履いていた。同署で身元の確認や死亡した経緯などについて調べている。