絶品の穴子づくしで令和に乾杯! 東京・人形町に古くて新しい大衆酒場、きょう4/4オープン! 手がけたのはあの木曽路グループ

©株式会社エキスプレス

“江戸前”を感じる良質な穴子を、腹いっぱい食べたい……。

そんな食欲にガチで応える店が、東京・人形町にきょう、オープン!

その名も『酒場 大穴』。これ、読み方は「おおあな」ではなく、「ダイアナ」。

清潔感ある店内、威勢のいいスタッフたち、キン冷えのビールや、アッツアツサックサクの穴子天ぷらを、待たせずサッと出してくれる。

この酒場 大穴(ダイアナ)、実はシニア層やファミリー層にがっつり支持されている木曽路グループが手がけた新ブランド。

あの「しゃぶしゃぶ・日本料理木曽路」を中心に全国に162店舗を展開する木曽路(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:吉江源之)が、「ビジネスにも、ファミリーにも、若者グループでも満足できる上質な大衆居酒屋を」という想いを込めて開いた店。

コンセプトは、「寿司、串焼、つまんで大衆価格、ちょい呑みから宴会まで」。そしてなんといっても、酒場 大穴(ダイアナ)のキラーコンテンツは……。

絶品で熱々の、穴子フルラインナップ!

酒場 大穴(ダイアナ)の名物といば、穴子。

穴子は高タンパク、低カロリーなのに、活力源になる食材。酒場 大穴(ダイアナ)では、部位ごとにさばき、腹肉、背肉、尾、ヒレ、肝、頭まで、串打ちして焼き上げ、ここにしかない「あなご串」が思いっきり体感できる。

そのほかにも、煮穴子や、天ぷら、酢の物や、骨せんべい……と、穴子一匹、無駄ないメニュー展開で、ノーロス食材としてすみからすみまで食べれちゃう。

とくに、アッツアツの穴子天ぷらと、キン冷えのビールの相性は、「令和キターッ」と叫べるレベル。どんなレベルだよ! でもそれぐらい宇宙レベルでうまい。

酒類もいろいろ、「大穴シール」でトクして飲もう!

木曽路グループがまったく新しいコンセプトで立ち上げた新ブランド「酒場 大穴(ダイアナ)」。

ここでは、特定の酒類が「いつでも何杯飲んでも1杯290円」という大穴シールを200円で販売中。

有効期限は2019年末まで。200円でシールを買って、スマホなどにペタッと貼っておいて、オーダーするだけで290円。こりゃいいわ。

もちろん全面禁煙、バリアされた喫煙所も設置

ビジネスにもファミリーにも、デートにも使える酒場 大穴(ダイアナ)は、もちろん全面禁煙。ちゃんとバリアされた喫煙所も設置してあるのも、喫煙者にはうれしい。

店内のデザインは、どこか懐かしい古典酒場を現代風にリメイク。座席は、ひとりでも二人でも呑めるコの字カウンター、酒場のノリを体感できるテーブル席、旅館にいるような個室宴会席と、3つのゾーンで構成。

―――いやー、イケてるわ。酒場 大穴(ダイアナ)。「穴子で一杯やりに、行こうぜ人形町」って、早く誰かを誘ってみたい。

◆酒場 大穴(ダイアナ)

<住所>
東京都中央区日本橋人形町1丁目18-12
日土地人形町ビル地下1階

<電話番号>
03-3664-7730

<席数>
158席 個室60席

<営業時間>
【平日】 16:00~23:00(L.O22:30)
【土日祝】15:00~23:00(L.O22:30)

<定休日>
年末年始の一部