東証小幅続伸、終値は11円高

米ハイテク株高を好感

©一般社団法人共同通信社

東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 4日の東京株式市場は、前日の米ハイテク株高を好感した買い注文が入り、日経平均株価(225種)は小幅続伸した。終値は前日比11円74銭高の2万1724円95銭で、前日に続き約1カ月ぶりの高値を付けた。

 東証株価指数(TOPIX)は1.72ポイント安の1620.05。出来高は約12億2千万株。

 前日のニューヨーク株式市場は、ハイテク株主体のナスダック総合指数が5営業日続伸した。これを受け、4日の東京市場では半導体や電子部品関連を軸に買われた。

 米中貿易協議の進展期待や、3日までに公表された中国の景況指数改善が引き続き投資家心理の支えとなった。