興南が4年ぶり7度目の頂点 沖水に3―1 沖縄県春季高校野球 

©株式会社沖縄タイムス社

春季高校野球県大会を制し、笑顔を見せる興南ナイン=4日、北谷球場

 高校野球の第66回県春季大会(主催・県高校野球連盟)最終日は4日、北谷球場で決勝を行い、興南が沖縄水産を3―1で下して4年ぶり7度目の頂点に立った。第144回九州大会(4月20~25日、鹿児島)に出場する。

 興南は初回1死二、三塁、4番宮城大弥の中前適時打で先制。三回に遠矢大雅の左犠飛で1点を加え、2―1の七回にも宮城の中前打で1点を追加した。

 投げては先発の又吉航瑶、宮城の継投で沖水打線を被安打8で1失点。四回途中から登板した宮城は、六回から6者連続三振を奪うなど好投した。

4回裏からリリーフし、好投した興南の宮城大弥=4日、北谷球場