二階堂ふみ、新元号「いいスタートに」。亀梨和也は役名との一致に喜び

©株式会社東京ニュース通信社

4月11日スタートのフジテレビ系連続ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」(木曜午後10:00)の制作発表会見に二階堂ふみ、亀梨和也らが参加した。

同作は作家・誉田哲也氏によるベストセラー警察小説「姫川玲子シリーズ」を、キャストを一新して再び連ドラ化。ノンキャリアでありながら27歳という若さで警部補に昇進した姫川玲子(二階堂)と捜査一課チームの面々の活躍を描く。

二階堂は初共演の亀梨について「気さくな方だとは知っていたけれど、思った以上に気さく。おちゃめな部分もある」と明かし、新元号が「令和」に決定したことには「新たな時代の令和には文化を育てるという意味もあるそうなので、ものを作る職業としてはいい元号。今回の攻めた作品に合っているので、臆せずもの作りをしていくという意味ではいいスタートになった」と喜んだ。

二階堂の役名は姫川玲子、亀梨の役名は菊田和夫。この“玲和”コンビに亀梨は「大変おこがましいかもしれないけれど、(自身の)和也という名前の一字が入ったと思ったし、漢字は違うけれど、姫川玲子と菊田和夫で“玲和”。すごくいいなと感じた」と幸先のいい一致にうれしそう。二階堂については「お若いのにしっかりされていて、昭和の文化が好きな方。寒さに弱いので姫川の時はヒールの音で近付いてくるけれど、二階堂さんの時は湯たんぽスリッパのチャポーンという音で近付いてくる」と笑わせた。

また、亀梨いわく撮影現場のムードメーカーは事務所の後輩・重岡大毅で、「いまだにスベリ知らずで、重岡くんと過ごすと笑い過ぎて自然と腹筋が割れる。今日も僕に対して『緊張してるんですか?』と聞いてきた」と仲良さげなエピソードを紹介した。