山崎統幕長が就任後初会見

「日本周辺の環境厳しい」

©一般社団法人共同通信社

記者会見する山崎幸二統合幕僚長=4日午後、防衛省

 防衛省制服組トップの山崎幸二統合幕僚長は4日、初めての定例記者会見で「日本を取り巻く安全保障環境は非常に厳しい。あらゆる事態に的確に対応し、平和と安全、領土、領海、領空をしっかり守るべく万全な態勢を構築していくことが重要だ」と述べた。山崎氏は、陸上自衛隊トップの陸上幕僚長から1日付で就任した。

 山崎氏は、昨年12月に閣議決定された新たな防衛計画の大綱に基づき、宇宙、サイバーなどの脅威にも対処する「多次元統合防衛力」の構築を重視する姿勢を強調。中国や韓国との制服組同士の交流を進める考えも示した。