オリックス遠い初勝利…引き分け挟み4連敗 鷹は無敗で2カード連続勝ち越し

©株式会社Creative2

ソフトバンク戦に先発したオリックス・松葉貴大【画像:(C)PLM】

グラシアルが先制1号&適時二塁打と活躍

■ソフトバンク 3-0 オリックス(4日・京セラドーム)

 オリックスは4日、本拠地ソフトバンク戦に0-3で敗れ開幕から引き分けを挟み4連敗を喫した。12球団で唯一勝利がないまま最下位のまま。ホークスは開幕から引き分けを挟み、負けなしの5連勝で首位をキープした。

 ソフトバンクは2回、先頭のグラシアルが左翼席へ1号ソロを放ち先制に成功すると、4回には再びグラシアルが中堅フェンス直撃のタイムリー二塁打を放ち追加点。7回には柳田のタイムリー二塁打が飛び出しリードを広げた。先発の武田は7回2/3を投げ5安打無失点、8奪三振の好投で今季初勝利を挙げた。

 オリックスは先発の松葉が6回途中2失点と粘りの投球を見せたが打線の援護なく今季初黒星となった。(Full-Count編集部)