戸田恵梨香さんら信楽ロケで抱負 朝ドラ「スカーレット」

©株式会社京都新聞社

タヌキの置物を背景に笑顔で取材に応じる戸田さん(左)と大島さん=滋賀県甲賀市信楽町

 滋賀県甲賀市信楽町を舞台に9月末から放送が始まるNHK連続テレビ小説「スカーレット」のロケが始まり、同町長野の窯元で4日、報道陣に公開された。ヒロイン・川原喜美子役の戸田恵梨香さん(30)と、喜美子の幼なじみ熊谷照子を演じる大島優子さん(30)が抱負を語った。

 「スカーレット」は、戦後の復興期に、男性ばかりの信楽焼の世界で女性陶芸家の草分けとして奮闘する姿を描いた物語。

 ロケ現場に2人は15歳の役の服装で登場。戸田さんは「職人の働く姿に信楽焼の歴史の奥深さを知った。陶芸を知ってもらえる架け橋になれれば」と話し、信楽での撮影について「空が広く、すがすがしい気持ちになり、活力がもらえる」と笑顔を見せた。大島さんは「陶芸の歴史について細かく知りつつ、地元の人と協力してドラマを作っていきたい」と意欲を語った。

 この日は、中学卒業前の喜美子が、就職先で照子の実家でもある窯元にあいさつする場面のリハーサルがあり、制服姿の喜美子が登り窯の前で照子と楽しく雑談するシーンを撮った。今回のロケは2日に始まり、県内外で10日まで行われる予定。