興南7度目の春王者 沖縄県高校野球 沖水に3―1

©株式会社琉球新報社

 高校野球の第66回沖縄県春季大会(主催・県高野連、共催・琉球新報社)の最終日は4日、北谷公園野球場で決勝を行い、興南が3―1で沖縄水産を下し、4年ぶり7度目の優勝を果たした。興南は20~25日に鹿児島県で行われる第144回九州地区大会に出場する。興南の九州大会出場は2季連続30度目となった。

 興南は初回に宮城大弥の適時打で先制すると、三回、七回と追加点を挙げた。沖縄水産は三回に真栄城徳二郎の適時打で1点を返すも、途中登板した興南の宮城にスクイズを外されたり、15奪三振で打線を沈黙させられたりした。興南は今大会最少失点で勝ち上がり、決勝でも本大会最多得点の沖水打線を1得点に抑えた。