米大統領、今週の国境閉鎖撤回

メキシコに1年期限、主張後退

©一般社団法人共同通信社

ホワイトハウスでの会合に出席したトランプ米大統領=4日、ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は4日、今週にも南部のメキシコ国境を閉鎖するとの考えを撤回した。ホワイトハウスで記者団に、メキシコが「1年で」薬物や不法移民の米国流入阻止を改善できなければ、自動車輸入に関税を課し、それでも状況が好転しない場合は国境を閉鎖すると警告した。

 中国やカナダと並ぶ有数の貿易相手国であるメキシコとの国境を閉鎖すれば、米経済への打撃が計り知れず、政権内外からの反対論が強かった。

 トランプ氏はメキシコがここ数日、中米諸国からの不法移民の取り締まりを強化していると強調し、新たに1年の期限を設け、主張を後退させた。