人工クレーター、小惑星に

はやぶさ2がりゅうぐうで

©一般社団法人共同通信社

小惑星の表面に人工クレーターをつくる「衝突装置」を分離するはやぶさ2の想像図(JAXA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、小惑星りゅうぐうの表面に人工クレーターをつくる「衝突装置」を、探査機はやぶさ2から分離した。計画通りであれば午前中に装置が爆発、大きな弾を表面に撃ち込んでいるとみられ、その様子を捉えるためのカメラも分離した。今後、撮影画像を受信するなどして、装置が正常に作動したかどうか確認作業を進める。

 はやぶさ2は爆発の影響を避けるための退避行動を取り、機体の無事も確認された。

 衝突によって進むとされる天体形成の一端を再現して調べるほか、着陸して小惑星の地下にあった岩石の採取を目指す。うまく取れれば世界初となる。

模型を前に、探査機はやぶさ2の状況について説明するJAXAの久保田孝教授=5日午前、相模原市