PC版「Warframe」オープンワールドマップ「エイドロンの草原」の新装版が登場!

©株式会社イクセル

Digital Extremesは、PC版「Warframe」において、本日4月5日にオープンワールドマップ「エイドロンの草原」の改良版を実装した。

「エイドロンの草原リマスター」は、昨年秋のランドスケープ「フォーチュナー」のために開発されたグラフィック技術に改良を加えたもので、生き生きとした光効果や質感、環境を実現する。また、Kドライブホバーボードを操縦しやすいように地形が整備され、新しい保護動物や、グリニアの新たな厄介者、ずるがしこいタスク・サンパーも登場する。「エイドロンの草原リマスター」は、PCで無料でプレイ可能。

グラフィックの改装により、「エイドロンの草原リマスター」の画像は、あらゆる視覚的側面が向上する。Warframeのオープンワールドは最先端のライト技術を使い、昼と夜のサイクルを鮮やかな光と陰の変化で表現する。画像がより繊細になった樹木の間や霧の中に神の光が射し込み、木の葉や土のランドスケープに鮮明で新しい質感を与えている。

また、新しい地形でさらに多くのゲームプレイが楽しめるようにもなる!Kドライブに乗って新しい地形をジャンプしたり移動しながらも、警戒を怠ってはならない。新たな敵タスク・サンパーは、草原を這いずり回ったり飛び跳ねながら、行く手にあるものすべてを叩き潰す3種の空気式グランドパウンダーだ。

テンノは、草原で新たに3種の動物を探し、保護して新たなバッジを手に入れられる(以前はフォーチュナーのみで入手可能だったものだ)。また、特別なフルーフを手に入れてオービターを飾ることも可能だ。エイドロンの草原リマスターは、PC にて無料でダウンロードができる。また、コンソールでも近日リリース予定。

(C)2017 Digital Extremes Ltd. All rights reserved.Warframe and the Warframe logo are registered trademarks of Digital Extremes Ltd.