「愛☆まどんな」が、ついに初のマンガ作品に挑む! 制作陣でグループ展を開催!

©有限会社ルーフトップ

美少女は自らの愛を代弁する究極のモチーフと題し、 女の子の絵を描き続けてきたアーティスト「愛☆まどんな」。 国内外問わず数々の個展やグループ展、 ライブペインティング、 またでんぱ組.inc の衣装やアートワーク、 ヴィレッジヴァンガードとのコラボグッズなど、 各方面でも精力的に活動を行ってきた彼女が、 今回“美少女”しか登場しない初のマンガ作品『白亜』を異色のタッグで制作した。

美少女同士の恋愛を描く愛☆まどんなの原案をマンガに落とし込むサポートを行ったのは、 山田玲司。 ラブコメ漫画「Bバージン」でブレイクし、 宮藤官九郎との『ゼブラーマン』などヒット作を描き続け、 有料登録者数4500人の大人気ニコ生「山田玲司のヤングサンデー」でも多方面に話題を振りまく漫画家。 編集は、 シリーズ世界累計500万部、 空前のロングセラー『嫌われる勇気』や、 2018年最大のヒット作『漫画 君たちはどう生きるか』を手がけてきた編集者・柿内芳文。 マンガ『白亜』の発売に先立ち、 アーティスト「愛☆まどんな」 漫画家「山田玲司」 編集者「柿内芳文」による異色のグループエキシビジョン「白亜展」開催。