【MLB】ダルビッシュの5回途中降板は「裏目に出た」 米メディア、名将の采配に「失敗」

©株式会社Creative2

カブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

5回途中で降板し救援が打たれ3失点に「マドンの決断は裏目に出た」

■ブレーブス 9-4 カブス(日本時間5日・アトランタ)

 カブスのダルビッシュ有投手は4日(日本時間5日)、敵地ブレーブス戦に先発し、4回0/3を5安打2奪三振4四球3失点(自責3)で今季初黒星を喫した。4回まで1失点に抑えていたが、5回先頭インシアルテに右翼へ二塁打、続くドナルドソンに四球で無死一、二塁としたところで降板。わずか71球(47ストライク)でマウンドを降りると、後続が打たれてダルビッシュの失点は「3」となった。カブスも4-9で完敗したが、米メディアは「決断は裏目に出た」と名将ジョー・マドン監督の采配に“疑問符”をつけている。

 ダルビッシュも試合後に「守備を代えるのかと思っていたらグッジョブと言われた。『え、どういうことやろ』って最初まったく意味分からんかったから、ちょっとビックリしました」と振り返った早いイニングでの交代劇。マドン監督は「自分の投球にいい感覚が残っているうちに交代させたかった」と親心での交代だったことを試合後に明かしたが、地元メディアは納得していない様子だ。

 米メディア「スポーティング・ニュース」は「ジョー・マドンがカブスのブルペンが再び崩れ落ちる前にユウ・ダルビッシュを早めに降板(させた)」とのタイトルで速報。記事では「ユウ・ダルビッシュが木曜日の試合で5回にニ塁打と四球を許した後、カブスのジョー・マドン監督が、ブレーブスとのシリーズ最初の2試合で悪戦苦闘したブルペンに頼ることを決断した。ダルビッシュは、たった71球で降板し、チームは0-1で追いかけている展開だった」と試合を振り返っている。

 そして「マドンの決断は裏目に出た」と指摘。「ダルビッシュがもし続投していたとしたら、彼は5回を無傷で乗り切れなかったかもしれない。2018年の怪我のことを考慮すれば、先手を打ってダルビッシュを降板させたことは、恐らく理にかなっていただろう」。まだダルビッシュのことも信頼していない様子ながら、「けれども、高まるマドンのリーダーシップへの批判を考慮すると、こういった試合中盤で失敗した采配は、この段階では見事とは思えない」と、2016年にカブスを108年ぶりの世界一に導いたマドン監督を斬っている。

 1勝5敗と苦しいスタートとなったカブス。苦境を脱するために、昨季は期待を裏切ったダルビッシュの復活は必要不可欠だ。(Full-Count編集部)