ホークス連勝は5でストップ 工藤監督「しっかり切り替えてまた明日」

©株式会社Creative2

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

9回3失点の千賀に「9回までよく投げてくれた」

■ロッテ 7-3 ソフトバンク(5日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの開幕からの連勝が5で止まった。3-3で迎えた延長10回にロッテに4点の勝ち越しを許し、そのまま3-7で敗れた。

 先発の千賀は中村奨に2打席連続弾を浴びるなど9回3失点。129球の粘投も今季初勝利には結びつかなかった。試合後、工藤監督は「調子がいい方ではなかったと思いますが、自分で長いイニングを投げるんだというところもあった。ここまでリリーフもたくさん使っているので、9回までよく投げてくれたと思います。悪くても何とかする、長いイニングを投げるという思いで、また次の1週間調整してほしいと思います」と語った。

 延長10回から救援したドラフト7位の奥村が先頭・加藤の四球から4失点。指揮官は「打たれることもある。これをいい経験として次に生かすことが大事。送り出したのは僕ですから。次に、次にとしっかり切り替えて」とかばった。

 引き分けを挟んでの連勝も5で止まった。工藤監督は「しっかり切り替えてまた明日。僕たちは(カードの)勝ち越しを目指しているんでね。負けたとしても切り替えてまた明日」と語って会見場を引き上げた。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)