鹿島、首位名古屋破る

©株式会社茨城新聞社

明治安田J1第6節第1日の鹿島は5日、県立カシマスタジアムで首位名古屋に2-1で逆転勝ちを収めた。通算成績は3勝2分け1敗、勝ち点11で暫定4位につけた。

鹿島は後半2分に先制点を許したが、同27分に土居が同点弾を決めると、同36分にはレオシルバが中央を強引にドリブル突破し、勝ち越しゴールを決めた。

川崎は知念のゴールで追い付き、C大阪と1-1で引き分けた。

■鹿島・大岩監督 失点で難しくした

前節と同じように、後半の立ち上がりに失点して自分たちで試合を難しくしてしまった。逆転は評価できるが、失点のところを改善したいという気持ちが強い。

■鹿島・レオシルバ 貢献できてうれしい

自分の得点でチームの勝利に貢献できてうれしい。得点場面は何も覚えていない。

■鹿島・土居 いい時間帯に取れた

(同点弾は)ニアだと味方とかぶるので、(動かず)待ったらボールが来た。いい時間帯に得点を取れた。

■鹿島・町田 要所でうまく対応できた

あれだけ攻撃力のあるチームに対して要所でうまく対応できた。1失点は満足していない。

▽カシマ(観衆14,163人)
鹿島 3勝1敗2分け(11) 2-1 名古屋 4勝2敗(12)
0-0
2-1

▽得点経過 鹿 名
後2分
【名】 0-1 ガブリ
後27分
【鹿】 1-1 土 居
後36分
【鹿】 2-1 レオシ