北陸新幹線に侵入疑い

77歳男逮捕、線路10キロ歩く

©一般社団法人共同通信社

 長野県の北陸新幹線佐久平駅から線路内に男が立ち入り2回にわたって運転を見合わせたトラブルで、県警上田署は5日、新幹線特例法違反の疑いで同県立科町の男(77)を現行犯逮捕した。署によると、容疑を認めている。

 逮捕容疑は、5日午後11時半ごろ、同県東御市の北陸新幹線線路内に立ち入った疑い。

 JR東日本によると、男は佐久平駅から上田駅寄りに約10キロ離れたトンネル内で見つかった。5日午後8時10分ごろに侵入後、約3時間20分の間に線路内を約10キロ歩いたとみられる。

 1本が運休し、15本が最大2時間20分遅れ、利用者約9240人に影響が出た。