待ってた桜開花 大船渡、県内トップ

©株式会社岩手日報社

陽気に誘われて開花した大船渡市の「桜の標本木」のソメイヨシノ=5日、同市盛町

 5日の県内は、南から暖気が入り、沿岸南部を中心に気温が上がった。大船渡市は同日、県内トップを切って桜の開花を宣言した。

 今年最高の最高気温19.1度(平年比7.0度高)を観測した大船渡。同市盛町の市民体育館にあるソメイヨシノの標本木は5輪以上の開花を確認した。1996年の独自宣言開始以来最速だった昨年より6日遅く、平年より4日早い。

 気象情報会社ウェザーニューズの桜の開花(1輪)予想日は盛岡14日、北上展勝地15日。