広島大瀬良、1球に泣き今季初黒星「あの1球が失投になってしまった」

©株式会社Creative2

広島・大瀬良大地【写真:安藤かなみ】

1点リードの7回2死一塁で代打・中谷に逆転2ランを被弾「防げていた。しっかり反省したい」

■阪神 3-2 広島(5日・マツダスタジアム)

 広島の大瀬良大地投手が5日、阪神戦(マツダ)で先発し、7回7安打3失点で今季初黒星を喫した。

 自身初の開幕投手で巨人菅野との昨季最多勝対決を制し、さらなる飛躍が期待される右腕がこの日は一発に泣いた。1点リードの7回2死一塁。代打・中谷に左翼ポール直撃の逆転2ランを浴びた。「ああいう試合展開だったし、本当にあの1球が失投になってしまった。防げていたと思うので、しっかり反省したい」と悔しさをにじませた。

 初回2死二塁で大山の中前適時打で1点を失ったが、その後は立ち直った。味方が同点に追いついた直後の4回には1死満塁のピンチを作ったが、梅野をニゴロ併殺打に打ち取って、鈴木の勝ち越し本塁打を呼び込んだ。6回終了時には球数が100球を超えていた。「今日もどうかなと思った」と降板も頭をよぎったという右腕だったが、ベンチの判断は続投。「いかせてくれたので、意気に感じて投げたがうまくいかなかった」と肩を落とした。

 チームが無安打で迎えた3回2死では「打席に立てばバッター。次につなげるつもりで打席に入った」と追い込まれながらもファールで粘り、中堅への二塁打を放って先制点につなげた。投げるだけではない。チームを勝たせるために、エースの自覚を感じさせた一打だった。開幕戦の快投から第2戦は悔しい結果に終わったが、開幕ダッシュに失敗したチームで大瀬良にかかる期待はますます大きくなる。(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)