世界遺産保護へ 長崎県に109万円寄付

県商工会連合会

©株式会社長崎新聞社

中村知事(左)に目録を手渡す宅島会長=県庁

 県商工会連合会(宅島壽雄会長)はこのほど、世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産保護に役立ててもらおうと、約109万円を県に寄付した。
 寄付は2017年度に続き2回目で、県内21の商工会会員が協力。前回と合わせて約274万円になった。同商工会は21年度までに計600万円の寄付を目標にしている。
 県庁で贈呈式があり、宅島会長が中村法道知事に目録を手渡した。知事は「構成資産の保全と継承を頑張りたい」と述べ、感謝状を贈った。宅島会長は「観光客の増加につなげてほしい」と話した。寄付は構成資産の保全などを目的とした県の基金に積み立てる。