米大統領、国境の「壁」を視察

選挙公約進展アピール

©一般社団法人共同通信社

5日、米カリフォルニア州カレキシコで、メキシコ国境との「壁」を視察するトランプ大統領。右はニールセン国土安全保障長官(AP=共同)

 【カレキシコ共同】トランプ米大統領は5日、西部カリフォルニア州のメキシコ国境の町カレキシコを訪れ、新たに設置された全長約3.6キロのフェンスを視察した。前回大統領選の公約の進展ぶりを強調、2020年の次期大統領選を視野に任期中の今後2年以内に「400マイル(約644キロ)の新たな壁をつくる」とアピールした。

 国境地帯訪問は、壁建設を訴えて出した2月の「国家非常事態宣言」後初めてで、今年3回目。トランプ氏はフェンスを「素晴らしい壁だ」と強調した。

 ニールセン国土安全保障長官も同行し、地元の国境警備担当者らと会談した。