西武、今季初2桁16点大勝! 森が4安打4打点

©株式会社Creative2

4安打4打点と活躍した西武・森友哉【画像:(C)PLM】

先発の今井が7回132球5安打3失点 ドラ7佐藤がプロ初安打

■西武 16-3 日本ハム(6日・東京ドーム)

 西武は6日、日本ハム戦(東京ドーム)で今季初の2桁16得点。16-3で大勝した。

 3回から救援した2番手の金子を攻略した。3回1死満塁から秋山の右翼線2点二塁打で先制すると、2死二、三塁からは森の左越え1号3ランで一挙5点を挙げた。5回には木村の中前2点打など打者12人で7安打7点を奪って試合を決めた。森は5打数4安打4打点。三塁打が出ればサイクル安打の大活躍だった。チームは3本塁打を含む今季最多19安打の猛攻だった。

 投げては先発の今井が7回132球で5安打3失点。今季初勝利を挙げた。また、途中出場のドラフト7位の佐藤龍世が7回先頭の三塁内野安打でプロ初安打をマークした。(Full-Count編集部)