同大、昨秋王者の近大破る 立命大は関学大に大勝、関西学生野球

©株式会社京都新聞社

同大-近大 3回裏同大1死一塁、左越えに2点本塁打を放つ松本(わかさスタジアム京都)=撮影・田村泰雅

 関西学生野球春季リーグが6日、わかさスタジアム京都で開幕し、同大は4―2で昨秋王者の近大を破った。2季ぶりの優勝を狙う立命大は11―2で関学大に大勝した。

 同大は三回に松本(4年、敦賀気比)の2点本塁打などで3点を先制。先発の右腕高橋(2年、高田)が6回無失点と好投し、継投で逃げ切った。立命大は百田(3年、立命館宇治)と橋本和(3年、龍谷大平安)の本塁打など15安打で11得点。エース左腕の坂本(4年、福岡大大濠)が8回2失点と力投した。