バスケットボールB2 ロボッツ競り負け 地区優勝、PO逃す

群馬に75-86

©株式会社茨城新聞社

バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は6日、水戸市のアダストリアみとアリーナなどで9試合が行われ、茨城ロボッツは延長戦の末、群馬に75-86で敗れ、地区優勝と1部(B1)昇格プレーオフ進出の可能性が無くなった。通算成績は34勝21敗、順位は東地区3位のまま。過去最多5041人の観客を動員し、リーグ記録を更新した。

ロボッツは最大15点差を付けられたが、徐々に歯車がかみ合い第3クオーターで追い付いた。接戦となった第4クオーターで決着をつけられず、延長戦では相手の勢いの前に力尽きた。

■茨城ロボッツ・岩下HC 第1Qが全てだった

後半になるにつれエンジンがかかりだしたが、第1クオーターが全てだった。延長は相手が気持ち良くシュートを打っていた。(B2優勝、B1昇格を逃し)たくさん要因はあるが、ペイントエリア内でのスコアが伸びづらかったのが一つある。

■茨城ロボッツ・真庭 とても複雑な気持ち

試合終了時はとても複雑な気持ちだった。(B2優勝、B1昇格の)可能性が消滅してしまったのは残念だったが、新しいアリーナで試合をしたすごさの方が感情として大きかった。

■群馬・平岡HC(つくば市、筑波西中-土浦日大高出) どうしても勝ちたかった

素晴らしいアリーナで、大好きなバスケができたことに感謝したい。思い入れのある体育館なので、どうしても勝ちたかった。

(アダストリアみとアリーナ、5041人)
群馬 40勝15敗 86-75茨城 34勝21敗
18-7
18-21
16-26
21-19
延長
13-2