「さんまの東大方程式」常連ゲスト・菊地亜美が見どころを紹介!「モテるためには歩み寄りが大切」

©株式会社東京ニュース通信社

「さんまの東大方程式」常連ゲスト・菊地亜美が見どころを紹介!「モテるためには歩み寄りが大切」

4月7日放送の「さんまの東大方程式 京大生が殴り込みSP」(フジテレビ系)。この番組では、“お笑いの天才”明石家さんまさんと“学問の天才”現役東大生が爆笑トークを展開。今回は7回目にして初めて京大生が登場します。“これなら東大に負けない!”という驚くべき特技の披露や、京大生が東大生に本気のダメ出しをする場面も…! 互いの本音トークから目が離せません!!

そして、ゲストは菊地亜美さん、千鳥・大悟さん、陣内智則さん、新川優愛さん、立川志らくさん。個性的すぎる東大生と京大生のお話をより一層盛り上げます。そんな豪華ゲストの中から、菊地さんを直撃取材。2016年に始まったこの番組に唯一ゲストとして出演され続けている菊地さんから、さまざまなお話を伺ってきました!

──まず、今回の収録を終えていかがでしたか?

「いつもは東大生だけなのですが、今回初めて京大生もいるということで…京大生ってなかなか会うことがなかったから、いつもとは違った感じでしたね。自分の頭の中では東大も京大もすごく頭のいい大学っていうイメージだったのですが、それぞれカラーが違っていて面白かったです!」

──東大と京大、どのように違いました?

「ちょっと京大の方がポップというか。 “あんまり東大には興味がなくて京大だから行った”とか言っていましたけど、京大生はとにかく一人一人の個性が強かったなと思いますね」

──気になった人はいましたか?

「皆さん気になったんですけど…京大生の川村くんがかわいかったな~。あと、京大の岩永くんも、東大生に対しての話が面白かった…! 京大生は全体的に明るい印象を受けました」

──東大生はどうでした?

「東大生も面白かったですね! 岡部さんの恋愛話には驚きました。あと、大津くんとかは“バラエティー番組のひな壇に来てます”みたいな貫禄が出ていて(笑)。みんなは京大生、東大生として来ているのに、常連さんは違いましたね」

──番組を7回やってきた中で、“この人変わったな”という人はいましたか?

「東大の野口くんは最初やばいなって思いましたけど、今となっては“変わり者の野口くん”って確立されていて(笑)。本人もひな壇にいるタレントさんかのように自分のエピソードをしゃべり始めるんですよ。見ていて“うまくなったな~”と思います(笑)」

──では、番組の中で菊地さんの立ち位置はいかがでしょう?

「この番組、年に2回しか会わないのに『あ! 久しぶり!』ってなるんですよね。初回からずっと一緒なので、結構東大生一人一人のことを分かってきました。なので陣内さんとかと、共演者に『〇〇さんはあれが普通なんですよ』って教え合ったり、過去の話を出して盛り上げたりしています」

──東大生も京大生も、モテないことが悩みだという話が出ましたが…。

「モテないことに対する解決法を聞いて、思考回路が全然違うなと感心しました! 本当に頭がいいんだなと。彼らは“モテないから本を全部暗記した”みたいな。 同じ悩みを持っていたとしても解決法がすごすぎちゃって! 彼らの価値観からしたら、そんなのやっても意味がないって思うことをやった方が楽しいんじゃないですかね?(笑)」

──確かに発想が違いますね(笑)。皆さん“自分が好きなものには時間を割けるけど、それ以外に興味が持てない”と言っていましたよね。以前のご自身だったら共感できたと思う部分はありますか?

「ありますね! 結婚前は1人の時間の方が楽しいし、“人と一緒にいるのはめんどくさい”とか思っていたんですよ。“明日の予定は立てられるけど、1週間後の予定は気分が変わっているかもしれないし立てられない!”みたいな(笑)。例えば、付き合う前は旦那さんは洋画が好きで、私は邦画しか見なかったんですよ。でも付き合い始めたら、お互い“日本のでいいよ”“海外のでいいよ”ってなりました」

──今もそうなのですか?

「今は我が強いですけどね(笑)。だから、歩み寄りが大事なんですよ! 女の子に“私〇〇が好きなんだよね”って言われたりしたら、自分が興味なくても少し話を聞いてみるといいと思います」

──なるほど(笑)。では、東大生の皆さんが大学名を聞かれた時に「一応東大です」と答えるという話もありました。菊地さんは「一応〇〇です」と気を使って答える質問はありますか?

「事務所を聞かれた時に、“一応レプロです”って言います! レプロって、女優さんとかモデルさんが多い事務所なんですよ。長谷川京子さんとか新垣結衣さんとかの流れで私っておかしいじゃないですか(笑)。だから、そう答えてしまいますね」

──では、「京大生が東大生に本気のダメ出し」にちなんで、本気のダメ出しをしたい方は?

「う~ん…じゃあ、若手アイドル全般! 初登場とかで番組に出た時に、スタッフさんが作ってくださったVTRに対して“私が言ったことと全然違くなってる~!”とか言う人いるじゃないですか。それは本当にやめた方がいいなと(笑)。“周りの人はその人のことを知らない訳だから、その場が面白くなっていればそれでいいですよ、あなたのためだよ”って思います(笑)」

──ご自身もそんな経験が?

「昔、『アイドリング!!!』(同系)の収録があった時に、MCのバカリズムさんに“今の違うよ”とか、すごく言われていました。結構たたき込まれていましたね! 最初の頃は分からずにやっていましたけど、バラエティーでそういうふうに言ってくださる人はなかなかいないので、今でも楽屋に行ってしゃべったりしています」

──では最後に、この番組の見どころを教えてください。

「今回で第7弾ですけど、最初から見ている人も初めての人も楽しめる内容になっています。これまで結構東大生の話は聞いているなって思ていたんですけど、それでも新しいネタが出てくるんですよ。彼らは勉強しかできないですって感じでいますけど、意外とすごく面白いんです! 東大や京大に入りたい人はもちろん、どんな人でも絶対に楽しめると思います!」

──ありがとうございました!

番組の常連である菊地さんだからこその見どころをたくさん教えていただきました。せひお見逃しなく。

フジテレビ担当 M・F

【番組情報】


「さんまの東大方程式 京大生が殴り込みSP」
フジテレビ系
4月7日 午後7:00~9:00