発雷確率の高い地域では空の変化に注意

©株式会社ウェザーマップ

7日は関東の一部でにわか雨がありましたが、8日も北日本から東日本ではにわか雨や雷雨の可能性があります。

8日は、強い寒気を伴った上空の気圧の谷が、北日本から東日本を通過します。そのため、午後を中心に北日本と東日本では大気の状態が不安定となる予想で、雨や雪が降りやすい見込みです。とくに関東や北陸では発雷確率が高くなっています。落雷や突風、降ひょうなどに注意が必要です。急に空が暗くなったり、冷たい風が吹いてきたときは発達した雨雲が近くにあるかもしれません。空模様の変化には十分気を付けてください。

西日本では朝まで雨の降る所がありそうですが、日中は晴れるでしょう。

気象予報士・原田 雅成

画像について:8日夜の発雷確率