自民、保守分裂の知事選2勝2敗

大阪W選は維新、北海道は与党系

©一般社団法人共同通信社

福岡県知事選で武内和久氏の落選が決まり、支援者らに頭を下げる麻生副総理兼財務相=7日夜、福岡市

 第19回統一地方選は7日、前半戦の11知事選、6政令市長選などが投開票された。大阪都構想を巡る大阪府、市のダブル首長選は、政治団体・大阪維新の会が制した。自民党は保守分裂の4県知事選のうち島根、福岡で敗北。福井、徳島は勝利した。唯一の与野党対決だった北海道知事選は与党系が勝った。神奈川県知事選などは与野党の相乗り候補が当選した。41道府県議選、17政令市議選も投開票された。

 夏の参院選に向けて自民は、分裂選で生じた地方組織内のしこり解消に全力を挙げる。北海道で敗れた立憲民主党などの主要野党は改選1人区での共闘態勢構築を急ぐ。

記者会見する大阪市長選で当選を確実にした大阪維新の会代表の松井一郎氏(左)と大阪府知事選で当選を確実にした吉村洋文氏=7日夜、大阪市中央区
福岡県知事選で3選を確実にし、万歳する小川洋氏=7日夜、福岡市