米国土安全保障長官を解任

トランプ氏「弱腰」と不満

©一般社団法人共同通信社

ニールセン米国土安全保障長官(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は7日、国境管理を担ってきたキルステン・ニールセン国土安全保障長官の辞任をツイッターで発表した。事実上の解任とみられる。不法移民や薬物流入対策で強硬な国境警備策を掲げるトランプ氏は、ニールセン氏が「弱腰だ」と不満を募らせていたと伝えられてきた。

 米メディアによると、ニールセン氏は7日夕(日本時間8日午前)、国境警備策を話し合うためトランプ氏とホワイトハウスで面会した。当初は辞任の意思はなかったが、トランプ氏に辞任を迫られたという。

 トランプ政権では、大統領首席補佐官だったケリー氏、国防長官だったマティス氏が政権を去った。