元TBS宇垣美里“全局NG”危機!? やはり「グラビア即戦力」で期待大

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

宇垣美里 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

3月31日をもってTBSを退社した元アナウンサーの宇垣美里が、大手芸能プロのO社所属になったという。これは同日にO社から正式発表されたもので、今後はフリーアナというより〝タレント〟の肩書で活動していくようだ。

「宇垣は31日、TBSで最後の仕事となった情報番組『サンデージャポン』に2~3分の〝瞬間出演〟を果たし、『アナウンサーの肩書が取れました…今後は何でも挑戦していきたい』と発言しました。この言葉は、彼女の今後を象徴していると思います」(女子アナライター)

宇垣は昨年3月、情報番組『あさチャン!』を降板。プロデューサーに降板を告げられると「何でよッ!」と激怒。手に持っていたコーヒーを壁に投げつけた〝コーヒーぶちまけ事件〟を起こしたことは、各週刊誌が報じている。

「どこの週刊誌もそうですが、コーヒー事件だけを強調して、なぜそんなことになったのかについては触れていませんでした。ただ『まいじつ』だけは彼女の勤怠や勝手な振る舞い、何よりも共演している人気女性キャスターAを非難していることを暴いた。宇垣にはAの事務所から圧力があったらしく、辞めざるを得なかったというのが真相です」(同・ライター)

 

グラビアなら実績十分

宇垣は前述の通り「アナウンサーの肩書が取れた」と語っているが、これはアナウンサーの仕事がないとも取れるという。

「正直、彼女をフリーアナとして、どの局が使ってくれるのか。まずTBSは無理。日本テレビは局アナとフリーの混成ですが、ギャラ安で使い捨ての若手フリーしか使わない。テレビ朝日は完全な純血主義。フジテレビはフリー削減中で、カトパンのような大物しか使わない。テレビ東京も純血系。そう考えると、宇垣を使うところはおおよそない。しかも人気の女性キャスターAを批判したため、その事務所が影響力を持つ番組は使うはずがない。フリーアナとしては四面楚歌。TOKYO MXという都落ちはあり得ます」(同)

そう考えると、宇垣の今後はタレント、女優業という道がほの見える。

「自分さえ目立つことができればいいという自己チュー系なので、セクシーグラビアで売ってくる可能性も十分あります。実際、宇垣はTBS時代に漫画誌のグラビアにたびたび登場。かつて日テレの人気アナだったSはワガママがたたり、今はセクシーグラドルで売っている。宇垣は女優としてキャリアもないし、セクシー系でO社に採用されたのでは」(芸能プロ関係者)

ヘタな演技もたまにはいいが、やはり強烈なグラビアを期待したいものだ。