大阪・堺市の絶品グルメ4選!幻の豚肉を使った“オーダーメイドとんかつ”って?

©ytvメディアデザイン

大阪府堺市は、大阪駅・梅田駅から電車でおよそ30分ほどの場所にある、歴史や伝統文化が息づく街。

今回は堺市にある“極上グルメ”4選を、2019年3月12日(火)放送の読売テレビ『かんさい情報ネットten.』の人気コーナー『おでかけコンシェルジュ』からご紹介します。

お休みの日に少し足をのばして、おいしいご飯を食べにいくのはいかがでしょうか?

■1:一度は食べてほしい絶品おおいた和牛『ハネシタ』(牛肉ホルモン ブンゴ)

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

南海高野線の堺東駅から歩いてすぐのところにある『牛肉ホルモン ブンゴ』。こちらのお店は“おおいた和牛”がお値打ち価格でいただけるというお店です。

おおいた和牛の特徴は、「赤身のうまみが強い」「霜降りが甘い」「胃もたれしにくい」の三拍子。さっぱりした後味スッキリなお肉というのは魅力的ですよね。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

特におすすめなのが肩部分のお肉、『ハネシタ』(1,300円・税抜)。こちらのお店はお肉の切り方にもこだわっており、部位によって切る厚さが異なるのだそう。もちろんおいしい焼き方も教えてくれます。

ハネシタは5mmの厚さで、焼き方は片面15秒くらいで、ひっくり返すのは1度だけ。これがおいしく焼ける方法なんだそう。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

ほかにも『ウワミスジ』(1,300円・税抜)は、なんと1頭からは約600gしかとれないという希少部位。厚さ1cmぐらいで、片面30~40秒ぐらい焼くのがベスト。

特製醤油タレとお肉の相性は抜群です!

<店舗情報>
牛肉ホルモン ブンゴ
住所:大阪府堺市堺区中瓦町2-2-11 第2冨士ビル
最寄駅:南海『堺東駅』/阪堺『大小路駅』
電話番号:072-275-4453
営業時間:【月~金曜】17:00~翌1:00【土日祝】16:00~翌1:00
定休日:年末年始

■2:幻の豚が食べられる『富士幻豚ロースとんかつ定食』(この町の専門店)

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

泉北高速鉄道、深井駅の高架下にある『この町の専門店』。ここでは“富士幻豚”(ふじげんとん)という年間400頭しか出荷されない希少豚をいただくことができます。

このお店のおすすめメニューは『富士幻豚ロースとんかつ定食』(200g 1,900円・税抜)。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

食べるとダイレクトに甘みがくる絶品豚を、白トリュフ塩でいただく贅沢なとんかつ。もう一つの魅力は、自分好みのパン粉を選べることができる“オーダーメイド”とんかつなんです。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

焙煎パン粉、RBパン粉、低カロリーパン粉、無添加パン粉の4種類から選べます。また揚げ加減も、肉の内部がほんのりピンク色になっている“ロゼカラー”と肉にしっかりと火を通した“ホワイトカラー”から選ぶことができます!

違う種類を選んで食べ比べてみるのもおすすめです。

<店舗情報>
この町の専門店
住所:大阪府堺市中区深井沢町3290
最寄駅:南海『深井駅』
電話番号:072-276-3330
営業時間:11:30~14:30/17:00~23:00
定休日:年中無休

■3:もっちもち!自家製ベーグルが絶品!『MAY cafe』

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

南海高野線の堺東駅から徒歩5分のところにある、ベーグル専門店『MAY cafe(メイカフェ)』。こちらのお店では、ご主人が独学で完成させたという人気のベーグルをいただくことができます。

おすすめはボリュームたっぷりの『えりんぎクリームチーズサンド』(470円・税込)。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

ほかのベーグルとは違ったもちもちしたベーグルにレタス、トマト、エリンギ、クリームチーズがたっぷりとサンド。ベーグルは通常焼く前にゆでるのですが、こちらのお店ではゆでるときに砂糖を加えるんです! こうすることで甘味が増すだけでなく、焼き色もよくなるんだとか。

ほかにもご主人のおすすめという『フレンチベーグル』(700円・税込)。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

フレンチトーストのようなここでしか食べられないベーグルです。ランチタイムではベーグルとサラダ、スープがついたランチプレートもいただけます。

<店舗情報>
MAY cafe(メイカフェ)
住所:大阪府堺市堺区南花田口町1-1-9
最寄駅:南海『堺東駅』
電話番号:072-228-1115
営業時間:11:30~19:00(ランチタイムは11:30~14:00)
定休日:水曜日

■4:濃厚スープ!鶏とハマグリのWスープが最高!『鶏貝そば』(麺や 鶏次と貝次)

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

南海高野線、中百舌鳥駅から徒歩5分のところにある、2018年7月にオープンしたラーメン店『麺や 鶏次と貝次』。濃厚な鶏白湯スープにハマグリのスープを足した“ダブルスープ”が癖になると人気。

看板メニューはなんと1日500杯も出るという『鶏貝そば』(780円・税込)。

読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

貝の香りがふわっと香り、全部飲みほしてしまいそうになる絶品スープは、鶏ガラやもみじを60キロも使用。8時間煮込むことで、100リットルあったスープを、なんと35リットルまで濃縮させているのがおいしさの秘密。

また、スープに絡む特注の中太の平打ち麺に鶏と豚のレアチャーシューの組み合わせも最高です。

<店舗情報>
麺や 鶏次と貝次
住所:大阪府堺市北区中百舌鳥町5-796-2
最寄駅:南海・泉北高速鉄道『中百舌鳥駅』/御堂筋線『なかもず駅』
電話番号:072-245-9790
営業時間:11:00~24:30(L.O.24:00)(※スープが無くなり次第終了)
定休日:年末年始

以上、堺市にしかない絶品グルメをご紹介しました。希少部位のお肉から新感覚のベーグルまで、満足できること間違いナシです。(文/AYA TAKAGAKI)

【画像・参考】
読売テレビ『かんさい情報ネットten.』(月曜~金曜 夕方4時47分~)

この記事は公開時点での情報です。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。