夜空彩る1300本の桜、幻想的に浮かぶ 滋賀・三井寺

©株式会社京都新聞社

夜空に浮かぶ三日月の下、ライトアップされた桜をながたり撮影をする参拝者(8日午後6時55分、大津市園城寺町・三井寺)

 大津市園城寺町の三井寺(園城寺)で桜が満開となった。夜間にはライトアップされ、長等山の山裾に浮かび上がる幻想的な彩りが参拝者を魅了している。

 境内にはソメイヨシノや山桜、シダレザクラ計約1300本が植わる。週末の好天で一気に咲き誇った花が、過去最大の800灯で照らし出される。

 8日は日が暮れると、西の空に三日月がくっきりと姿を見せ、夜桜にアクセントを添えた。訪れた人たちは「きれい」と感嘆の声を上げて、見とれながら撮影していた。

 ライトアップは14日までの午後6時半~同9時半。要入山料。近くの琵琶湖疏水の第1トンネル周辺でも同時間に行われている。