オオバンが繋いだ縁 横浜の企業が我孫子市へ動物ぬいぐるみを寄贈

©株式会社千葉日報社

寄贈を受けた6種類のぬいぐるみ

 太洋産業貿易株式会社(本社:神奈川県横浜市)からパンダやコアラ、シマリスなど子ども達に人気のぬいぐるみ100+1(ワンオーワン)シリーズより6種類191体が寄贈されました。(ちばとぴ!=あびこの魅力チャンネル)

 今回の寄贈は、昨年10月に製作した市の鳥オオバンのぬいぐるみの監修を、鳥の博物館学芸員が行った縁がきっかけで、太洋産業貿易株式会社から子供たちが集まる施設などで活用してほしいとの意向があり実現しました。

寄贈されたぬいぐるみで喜ぶ子どもたち

 寄贈した太洋産業貿易株式会社の担当者は、今回寄贈したぬいぐるみが4月から新しく保育園に入園することに不安を感じている子どもや、市内施設を訪れる子ども達の笑顔につながると嬉しいと語っていました。

 6種類のぬいぐるみは、4月から市内公立保育園や子ども発達センターや子ども食堂などで活用していきます。