櫻井翔の司会で平成30年間の「紅白歌合戦」を総決算!!

©株式会社東京ニュース通信社

NHK総合では、平成の30年間の「NHK紅白歌合戦」を振り返る「総決算! 平成紅白歌合戦」を4月29日(午後7:30)に放送する。司会を務める櫻井翔は「紅白歌合戦、平成最後の司会という大役を仰せつかったのが3カ月前のこと。そして平成最後の日を迎えようという日に、紅白歌合戦の30年を振り返る番組の司会を務めさせていただけること、大変光栄に思っております」と再びの大役への心境を語っている。

番組は2部構成で、櫻井と共に小野文恵アナウンサーも司会を担当。第1部(午後7:30~8:55)では、平成を代表するアーティストとして嵐、北島三郎、松田聖子がスタジオに集い、感動の思い出や今だから話せるエピソードを語り合う。第2部(午後10:00~11:30)の詳細は後日発表される。

紅白歌合戦の思い出について櫻井は「最初の10年は小・中学生。一視聴者としてテレビを見ていました。続いての10年はジャニーズJr.として、そして嵐として、憧れの舞台として眺めていました。そして最後の10年が始まることとなる2009年。嵐10周年のタイミングで紅白の舞台へ迎えていただきました。以来、毎年あの舞台へとお招きいただいております」と振り返り、「ご覧いただく幅広い世代の方々が、“平成の紅白”を架け橋にたくさんの会話が生まれるような番組にしていきたいと思います」と視聴者に訴えている。