土浦の男性はしか感染 茨城県内今年10人目

©株式会社茨城新聞社

茨城県は9日、土浦市内の男性(31)がはしかに感染したと発表した。現在自宅療養中で快方に向かっている。今年の県内患者は10人目。

県健康危機管理対策室によると、男性は3日に38度台の発熱後、4日から7日にかけて、つくば、土浦両市内の三つの医療機関を受診。8日に県衛生研究所の遺伝子検査で陽性と判明した。最近の海外渡航歴はなく感染経路は不明。県は男性が同時期に不特定多数の人が出入りする場所に行ったか調べている。