春の雪 映えるサクラ 沼田公園の御殿桜が見頃

©株式会社上毛新聞社

 北毛のサクラの名所、群馬県の沼田公園(沼田市西倉内町)にあるヒガンザクラ「御殿桜」が見頃を迎えた。このところの寒の戻りで公園は雪景色。花と雪の“競演”が観光客を楽しませている=写真。

 公園は真田氏が居城とした沼田城の跡地。御殿桜は、5層の天守閣があった頃に植えられた公園のシンボルで、樹齢は400年以上とされる。

 午後6~10時は鐘楼とともにライトアップされ、夜空に幻想的な花の姿が浮かぶ。今年は初めて、沼田城を模したイルミネーションの点灯もしている。

◎10日は県内で雪予想 平野部で最大5センチ

 前橋地方気象台によると、県内は10日、西からの低気圧や上空に流れ込む寒気の影響で、全域で朝から雪や雨が降る見通しだ。同日午後6時までの24時間の降雪量は最大で山間部は15~20センチ、平野部は5センチとなる可能性がある。

 前橋では、日中の予想最高気温は4度で平年を14度超下回り、真冬の寒さとなる見込み。みなかみの最高気温は3度の予想。

 気象台の担当者は「雪がみぞれや雨に変わることもあるが、車の運転などに注意してほしい」としている。