英離脱、最長1年の再延期を提案

首脳会議に向けEU大統領

©一般社団法人共同通信社

EUのトゥスク大統領=9日、ブリュッセル(AP=共同)

 【ブリュッセル、ロンドン共同】英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、トゥスクEU大統領は9日、ブリュッセルで10日開かれるEU特別首脳会議に向け英国を除く27カ国首脳に宛てた書簡で、12日とされた英国の離脱日の再延期容認を提案した。最長1年の枠内で、英下院が離脱方針を早期承認した場合には離脱日を前倒しするなど柔軟に決めたい意向を示した。

 ドイツ、フランスも大筋で同様の考えを示している。首脳会議の議論のたたき台となりそうだ。

 トゥスク氏の提案は、離脱日再延長は最長1年とし、英政府とEUがまとめた離脱合意案を英下院が承認するのを受けて決定するとの内容。