忙しい現代女性の強い味方!毎日の料理を時短にする最強調味料「ポントクック」

©株式会社オンエア

現代女性は忙しい。毎日の仕事や家事。共働きも当たり前になり、近年の調査結果では共働き世帯は専業主婦世帯の約1.5倍になったとか。

日中仕事をしている女性となると、1日に家事に使える時間は限られてしまいますよね・・・。時短にしたいけど、でもこだわりたい”料理”は悩みどころ。そんな忙しい現代女性の料理の時間を短縮させる、画期的な調味料がグリコから発売されたんです!

簡単なのに本格的!? グリコが開発した万能調味料シリーズ「ポントクック」を、美味しさから使い方のバラエティまでくわしくご紹介いたします!

共働き・おひとり様の食事が増えている!?

女性の社会進出、晩婚化、不景気もあいまって、今や夫婦共働きは当たり前になっている時代。調査結果によると、共働き世帯は専業主婦世帯の約1.5倍もあるんだそう。しかも働き盛りの独身女性はキャリアを積むため、奮闘しながら働く毎日。余裕のない中で家事に避ける時間は限られてしまうもの・・・。掃除・洗濯・育児と色々ある中でも、特に悩むのは”料理”ではないでしょうか?

家事の中での負担はダントツ1位で手間も時間もかかる“料理”。けれど毎日口に運ぶ料理こそ、こだわって作りたい。でも疲れているし時間もない!そんな相反する悩みが、女性たちを困らせているんです。

家事の時間を短縮したい!だけど料理は手作りにこだわりたい

共働きで忙しくても、たとえ毎日がおひとり様の食事でも、冷凍食品やコンビニ弁当ばかりの毎日は避けたいですよね。

時間をかけたくないけど、レトルトを使うのはちょっと・・・と思う方も多いのではないでしょうか? アンケート調査によると、レトルト食品や冷凍食品を使うことに、罪悪感を感じる方が多いそう。しかもその数、半数以上!

手間をかけたくないけど、手作り感は欲しい。そんな世の女性のために開発されたのが、グリコの「ポントクック」なんです。

ポントクックってどんな調味料?

江崎グリコが販売している「ポントクック」は、料理のお助け調味料!1つの鍋に具材を切って入れて、そこにポンっと入れるだけで簡単に味付けが完了するという便利なルウです。

味の種類は6種類。

・ホワイトソース

・ドミグラスソース

・麻婆ソース

・中華うま塩ソース

・和風あんかけ

・和風あまから煮込み

1番人気は中華風うま塩ソース。2番目はドミグラスソースだそう。例えば、オムライスのソースにいつもケチャップだと飽きてしまいますよね。そんな時にこのドミグラスソースを使えば、お湯に溶かすだけで簡単に美味しいドミグラスソースが作れちゃうんです。ほんの一手間で手の込んだ料理に変身して、味のレパートリーが増えるなんて便利ですよね。

ポントクックの使い方は?

ポントクックの使い方は簡単。料理の仕上げにポンッとルウを入れるだけで完成します。粉末よりも固形ルウの方が、完全に乾燥させていない分風味が落ちないのもうれしいポイント。

今回はうま塩キャベツ炒めを、有名シェフの本格調味料とポントクックで作り食べ比べてみました。

左がポントクック 右がシェフの本格調味料

食べ比べて見ると、やはり若干シェフが調理したものの方が味に奥深さがあるのですが、ポントクックの方も引けを取らない美味しさ!少ししっかりとした味付けになっているので、ご飯に合って美味しい。中華のとろみも再現されていて、ルウ1つで調理したとは思えない美味しさです。レトルト感が無いのも凄いですね。

ポントクックでどんな料理が作れるの?

万能調味料ポントクックで作れる料理は様々。

中華風うま塩ソース…

八宝菜・中華丼・あんかけ焼きそば・中華風たまごスープ・かに玉あんかけ・トマトと卵のスープ・サムゲタン風スープ

麻婆ソースの素…

麻婆豆腐・汁なし担々麺・ピリ辛豚バラ丼・麻婆キャベツ

ホワイトソースの素…

グラタン・クリームパスタ・クリームシチュー・ホワイトオムライスソース・クリームコロッケ・カルボナーラ

ドミグラスソースの素…

ハンバーグソース・オムライスソース・ビーフシチュー・ハヤシライス・ボルシチ風・タコライス

和風あんかけの素…

揚げ出し豆腐・あんかけうどん・白身魚のあんかけ・ラフテー丼・冬瓜のそぼろあんかけ

和風あまから煮込みの素…

肉じゃが・白身魚の煮付け・親子丼・ブリの照り焼き・豚の角煮・牛丼・肉豆腐

・・・などなど、この他にもたくさんレパートリーがあります。アレンジレシピはHPにて公開中なので見てみてくださいね。

>>>アレンジレシピはこちら

毎日の家事を時短に、でも本格的に!

毎日の料理の時間を短縮、だけど手作り感はちゃんとある!現代女性の強い味方「ポントクック」を活用して、毎日の家事をちょっと楽にしてみてくださいね。

[Photos by SHIORI]

Do not use images without permission.