TAKAHIROら長崎で舞台あいさつ 映画「僕に、会いたかった」完成披露

©株式会社長崎新聞社

舞台あいさつで登壇したTAKAHIRO(右)と秋山=TOHOシネマズ長崎

 人気グループ「EXILE」のTAKAHIROが単独初主演した映画「僕に、会いたかった」の完成披露舞台あいさつが5日、長崎市茂里町のTOHOシネマズ長崎であった。TAKAHIROと、プロデューサー兼キャストを務めた劇団EXILEの秋山真太郎が登壇。ともに本県出身の2人は「こういった形で地元に帰って来てうれしい。家族のきずなと人生の再生をテーマにした自信作」などと話した。
 作品は隠岐諸島(島根)が舞台。事故をきっかけに記憶を失った漁師・池田徹(TAKAHIRO)が母親や島民、都会から島を訪れた若者たちとの触れ合いを通じ、少しずつ自分の過去と向き合っていくストーリー。松坂慶子や小市慢太郎らベテラン俳優が脇を固め、時代劇「たたら侍」などを監督した錦織良成がメガホンを取った。
 舞台あいさつで秋山は「撮影中、キャストなのにスタッフとしての仕事が忙しく日焼けしてしまった。『出演シーンがつながらない』と怒られた」などと裏話を披露。これまで演じたことのない寡黙な役柄に挑戦し、新境地を切り開いたTAKAHIROは「海の美しいロケ地は長崎の風景と似ていて、懐かしさを感じた」と振り返り、「映画を通じ、人間同士のつながりの大切さを感じてほしい」と語った。
 作品は5月10日から全国公開される。